娘との時間.

2017/11/18

f:id:rakbaimai2:20170825083645j:plain

数あるブログの中からご覧くださってありがとうございます。

7月に日本の小学校に体験入学をしました。約3週間で娘が学んだこと。時間の大切さや協調性、そして日本語です。

プーケット生活では英語の日々。とくに日本語での子供言葉をあまり知らない娘にとっては刺激的な体験だったらしいです。学校から戻るとまず僕の両親にその日あったことを話します。時間が無限大にある父、母の存在は娘にとっては良い話相手だったのかも知れません。とても狭く、歴史を感じるような古い家でも娘にとっては居心地が良く、快適な小学校生活を過ごすことができました。

スポンサーサイトリンク


さてそんな7月、楽しかった思い出話をしながらの珈琲の時間はより美味しく感じるのです。

すっかり好きになってしまったスタバ。7歳の娘に『今日はお茶行くの?』『スタバへ行く?』っと言われるとちょっとドキっとしますけどね(笑)これが今時?ニュータイプなのでしょうね☕

f:id:rakbaimai2:20170825083729j:plain

我が家にとっては高級感のあるカフェです。お値段も少々高いと感じます☕

もちろん感じ方は個々違いますね。

珈琲を飲む空間、味、雰囲気に支払える値段は皆さん違いますからね。世界のスタバ、スタバファンにとっては価格は気にならないのかも知れません。僕にとってはもう少し安いと嬉しいな~っと思うのです。

「文句を言うなら行くな!」っと言われそうですけど(

f:id:rakbaimai2:20170825083754j:plain

そんな文句ばかり言っている変わり者の僕でもこのドーナッツは好きです