じぇじぇ。この数ヶ月、あまちゃんに合わせて生活リズムをチューニングしたおかげで、体質が少しずつ改善してきた気がする。いろいろと悩みの種が尽きないポンコツボデーだが、なかでも梅核気が収まりつつあるのが一番嬉しい。コイツのおかげでメンタルが随分蝕まれてしまったもんで。心因性であーだこーだと思いつめるコト自体が良くないと言われてもね、四六時中寝ても覚めても、喉から食道にかけて常に異物感を生じるんだから、そら発狂するっての。喉を引きちぎりたくなる衝動に何度駆られたことか。コレを気にするなってのは無理な相談だわよ、あ~た。そもそもの発端が逆食だから、医者に言われるがままにおクスリを色々と試したが、どれも目立った効果ナッシング。心身ともにストレスレスな乞食の僕に、「お仕事などでストレスがあるのでは?人間関係は?」ってその問いかけ自体にダメージ受けるわ。豆腐メンタルなめんなっつの。どうでもいいけど、夏ばっぱの若いころって超絶美人やわぁ。きゃわわ。

昨日は山本透監督作「グッモーエビアン!」を鑑賞。ユルめのハートフル・コメディ。主演の大泉洋と麻生久美子の演技力が光る。二人とも名古屋弁がネイティブばりに板に付いてて、名古屋住みの経験がある僕にはとても好印象。メジャーな作品で名古屋弁を前面に押す作品って意外とないんだよねぇ。三吉彩花って子はこの作品で初めて見たが、なかなかいい味出してるんじゃないかと。容姿が随分大人びてて途中まで中学生役だと思わなかった。そして脇役に能年玲奈!あまちゃんのコミカルな感じとも違うし、「カラスの親指」のサバサバした感じとも違う。どこにでもいそうな普通の女の子然としてて、これまたきゃわわ。ユニークな家族愛だったり友情だったりが、巧くまとまっていてなかなかの傑作。もっと評価されてもいいと思うなぁ。