マタニティマーク

今は産休中ですが、仕事へ行っていた時の電車での通勤は本当に大変でした…。

私の場合、家が遠いため、毎日片道約50分ほど電車に乗っていました。

電車の行きと帰りは、座れないと本当にキツイです。

妊娠初期では、つわりで気持ち悪いし、つわりが落ち着いても、お腹が大きくなっているので、やはり立っているのは、辛いです…。

今までずっと優先席には座ってこなかったのですが、やはり限界だったので、妊娠してからは大人しく優先席がある車両に行くようにしました。

 

今思えば、妊娠が判明して、区役所で母子手帳と共にマタニティマークのストラップを受け取るまでの間が辛かったです。

その頃、つわりの影響ですごく気持ち悪くて、電車に乗るとさらに悪化してしまい…

でも、マタニティマークをその時まだもらってなかったので、優先席に座るのをためらっておりました。

妊娠初期だとお腹が目立っていないので、優先席に座ると、「なんで、まだ若いのに優先席座っているの!?」と思われそうで、座りたいけど座れませんでした。

なので、優先席ではなく、普通の座席の前に立ちながら、席が空くのを待っておりました。

でも、そんな時、体調が悪いことを察知してくださった、席の前に同じく立っていた40歳くらいの女性が

「大丈夫?次の駅で降りた方が良いんじゃない?」

そんな優しい言葉をかけてくださり、嬉しくて涙が出そうになりました。

それを聞いた私の前に座っていた30歳くらいの女性が

「大丈夫ですか?」

と席を譲ってくださいました。

本当に有り難かったです。

スポンサーリンク

 

 

マタニティマークをもらう

 

でも、後々知ったのですが、鉄道会社の窓口でも、マタニティマークはもらえるみたいです。

区役所になかなか行けなかったので、マタニティマークのストラップを付けずに我慢しておりましたが、窓口に行けば良かったんだなと後から思いました。

 

マタニティマークのストラップをつけてからは、なるべく優先席に座るようにしました。

もちろん自分自身の体調のこともありますが、周りの人達に気をつかわせてしまうのも良くないかと思ったのです。

普通席にも関わらず、わざわざ気にしてくださって、席を譲ってくれる心優しい人も中にはいるので…。

でも、体調がやはり悪くて座りたいと思うのですが、いざ、席を譲ってくれるという人がいると、ためらってしまうんですよね。

「なんだか悪いな」と思ってしまって…

譲って頂いてすごく嬉しい反面、複雑の気持ちになります。

でも、マタニティマークを付けている意味は、「席を譲ってほしい」という気持ちだけではありません。

もし、万が一、倒れた時にマタニティマークを付けていれば、妊娠していることが分かり、対処が早くなります。

自分自身を守るためにも、やはり、マタニティマークを付けた方が良いと私は思っております。

f:id:hebikoguma:20161123173400j:plain