NHK連続テレビ小説『あさが来た』の今日2016年3月10日放送の136話で、養之助が軍隊に召集されました……。

 

www.nhk.or.jp

 

養之助が軍隊に召集

ヒロインのあさ(波留)の姉、眉山はつ(宮崎あおい)の次男坊、養之助(西畑大吾)が136話で軍隊に召集されていました。養之助が結婚式を挙げていて、眉山家では幸せムードに包まれていましたが……。

その前に軍隊の入隊するための(?)身体検査を受けて合格したというエピソードがあったので、フラグは思いっきり立っていました。

眉山家に届けられたものは「新兵証書」と眉山栄達(辰巳琢郎)は言っていました。証書の内容は「歩兵第八なんちゃら隊に編入ス」と書かれており、家に満ち溢れていたお祝いムードが一気に冷めていました。

 

『ごちそうさん』の活男を思い出す

西畑大吾さんと軍隊いうと、同じ朝ドラの『ごちそうさん』での西門活男(にしかど・かつお)を思い出します。ヒロインのめ以子(杏)の次男で、大らかな性格をした食いしん坊の設定でした。大らかな性格というと養之助と通じるものかもしれません。

活男は料理人を目指していて、少年の頃は学校に通いながら洋食屋で修業をしていましたが、成長すると海軍の主計課(料理担当)を志願するようになり、軍隊に入りました。太平洋戦争が始まっており、入隊後に活男からめ以子への連絡が途絶えてしまいます。終戦してからも活男からの連絡を待ち続けていため以子でしたが、活男の戦友から戦タヒした事実を告げられる、という話の流れだったと思います。

 

おわりに

養之助に届いた証書には「明治29年10月1日」と書かれていました。漢数字の旧字でした。

明治中期から後期の大きな戦争というと、日本と清が戦った「日清戦争」と日本とロシア帝国が戦った「日露戦争」くらいしか私にはわかりません。日清戦争は1894年(明治27年)7月から1895年(明治28年)3月に行われており、日露戦争は1904年(明治37年)2月から1905年(明治38年)9月まで行われました。

ですから、養之助に証書が届いた明治29年は日本には大きな戦争は起こっていないと思われますので、近々、養之助がタヒ亡することはないでしょう。明治37,38年まで物語が続くのであれば、日露で……という可能性はありそうです。

 

dysdis.hatenablog.com